遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リトルフューチャー様とコラボしました。

猫兄弟1

遊学芸の保田です。
リトルフューチャー様より、『ネコのきょうだいのひっこしやさん』が今度のゲームマーケットに新作として出ます!

『ネコのきょうだいのひっこしやさん』は、10のまとまりをつくるアクションパズルゲーム『スライド10』のゲームルールを気に入ってくださったリトルフューチャーの社長さんが、これを原案にしてゲームをつくりたいと声をかけてくださったのがきっかけです。

スライド10のコマを立体化してやってみたところこれだけで面白いということになり、数字などの要素は廃止となっています。

私はイラストとルール原案・監修で協力させていただきました。
東7ホールB07リトルフューチャー様にてイベント価格2900円にて販売とのことです。

猫兄弟2
猫兄弟3

スポンサーサイト

PageTop

スライド10の九九遊び、『スライドクック』!!!

スライドクックタイトル

スライド10の九九バージョン、『スライドクック』を無料公開します!!!

今回紹介する保田版『スライドクック』ともいうべきルールは、
所沢の「フロー」で活動していらっしゃる坂本條樹(じょうじゅ)先生が発案してくださったルールを基にしています。
基となった坂本先生考案の『スライドクック』は、月刊発達障害児教育9月号で紹介されております。

ようは、九九の答えが書かれたカードを使って、どの2つの駒を抜き取るのか決まるというルールです。
『スライドクック』を使って九九をしている小学生の中には、九九を楽しんで覚えるだけでなく、6を2と3に分ける因数分解を自力で見つけるなど、高度な知的発見があったというお話もいただきました。『スライドクック』を繰り返し遊び、必勝法を探る過程で発見できたのでしょう。
ちなみに、『スライドクック』を遊べば誰でも因数分解を発見できるわけではないことに注意してください。
たまたま、その小学生の学びポイントと『スライドクック』が合致しただけかもしれません。

こういったお話を聞くと、自分が学習ゲームをつくろうと思う原点を思い出します。
「人それぞれ、どんな学習方法をするのが得意なのかは異なるのではないか。それなら、既存の学習方法にはない、新しい学習方法を増やすことで、学べる機会を増やしたい。」
こういった考えが始まりとして、学習ゲームには取りかかっていることがあながち間違いではないかもしれないと考えています。いや、九九ルールで因数分解を知るとか想像してなかったけど!?(笑)
もっと狙って学習できる要素を増やしていこうと精進する所存です。

『スライドクック』は、下記の遊学芸のダウンロードページにてダウンロードできるようにしています。

ダウンロード先

【遊ぶための準備物】
『スライドクック』を遊ぶには、印刷するためのプリンターと名刺カード40枚が必要です。

そのため、1枚ずつの印刷と、1シート10枚のA4名刺シートの印刷に対応したファイルを2種類用意しています。
※1枚ずつ印刷する時は、手のひらサイズぐらいまでの小さな厚紙を使います。
※A4名刺シートは、百均やコンビニ、家電量販店、ネットショップでお買い求めいただけます。

春のゲームマーケットにも印刷したものをいくつか持っていければと考えています。よろしくお願いします。

ちなみに、保田版『スライドクック』は多人数でプレーする時、駆け引きを楽しめるよう重点を置きました。
追記では、『スライド10』との変更点・追加要素について紹介します。

続きを読む

PageTop

スライド10が2つの雑誌で紹介されました。

遊学芸の作成した『スライド10』は、遊学芸のゲームマーケット試遊卓の常連として行っており、今までも、ブログやネットラジオでも取り上げてもらっていましたが、今回は、なんと2つの雑誌に紹介され、坂本篠樹(じょうじゅ)先生に研究までしてもらうという快挙を成し遂げました!

まず、GAME JAMBOREE(2015年秋号)!!!
zashi03.jpg

zashi04.jpg

…わかりますか?なんと、ボードゲームの化粧箱として、カードサイズの小箱を使った例で紹介されました!!(笑)
 まさか、こんな紹介のされ方をされるとは思ってもなく、見つけた時は本当にびっくりしました。
 「紐」と「駒」という省スペースを意識した造り、それに見合った箱選びがこんなことに結び付いて嬉しい限りです。

次に、学研の月刊、実践障害児教育(2015年9月号)!!!zashi02.jpg
zashi01.jpg

なんと、この『スライド10』を坂本篠樹先生が学習ゲームとして紹介していただきました!
作者も意図していた算数指導として10の合成分解について活用できることを述べていただいてるだけでなく、
ヒトの注意機能を鍛える効果が期待されるそうです!(作者もビックリ!)
また、九九を覚えるスライドクックルールを考案してくださり、そのルールも掲載されています。
スライドクックルールについては、多人数でも遊べるよう手を加えさせていただき、後日ネットで無料公開します。
カードを使うので、自宅のプリンターで印刷できるようカード単体配布および、A4の名刺シートに印刷できるよう10枚組したものを公開します。

スライド10』は、元々「まとまり」を意識してもらうために楽しく遊べるよう作ったゲームです。
「遊び」と「学び」の両雑誌の両方に掲載されたこのゲームは、「遊び」と「学び」をひとつにしたゲームづくりを目指す遊学芸を体現した一作となります。…「遊び」の雑誌では箱の紹介しかされてないって?…選ばれたということに意味があります。きっと。

両雑誌からは、快く掲載の許可をいただいております。
また、スライドクックを考案し、ネットでの無料公開を了承してくださった坂本條樹先生に、この場を借りて深くお礼を申し上げます。
スライドクックタイトル1

PageTop

ゲムマ2015秋まであと5日~「スライド10」新ルール~

こんにちは!遊学芸のスタッフその1です
昨日が飲み会だったせいで、普段の時間からちょっとだけ遅刻ですΣ(ω |||)
楽しみにしていた方、お待たせいたしました


ではでは、気を取り直して今日もカウントダウンブログ、行ってみましょう!
本日は、こちらでも紹介したペアスライドルール」についての記事となります
スライド10ペアスライド

通常は各プレイヤーが利き手の親指と人差し指等でコマを押さえてプレイする「スライド10」。
このたびなんと2人ペアになって遊ぶルールができました
くっつける指はイラストのように人差し指でもいいですし、「指切りげんまん」のように小指を絡めるやり方もOK。
ペアの指がくっついていれば大丈夫です
はなれたら<はんそく>なので、当然しっかり握りあって・・・。
・・・やっぱり飲み会向けのボードゲームですよね

家族・カップルでプレイしたら盛り上がるのはもちろん、ちょっといい雰囲気になりそうなグループでやってもGood
「スライド10をやったら恋人ができました!!」という話は残念ながらまだ聞きませんが、そういう体験のある方はぜひお知らせください(=゚ω゚)ノ

ゲームマーケット2015秋当日、"C25"にて
・当日「スライド10」をご購入される方(紐の色を選ぶ時に一緒にお渡しします)
・すでに「スライド10」をお持ちの方(スタッフにお声掛けください)

に「ペアスライドルール」を配布致します。
名刺サイズのカードなので、そのまま箱に入れて持ち歩いていただけます

より絆が深まるペアスライドルール、お勧めです。
・・・ただし、慎重に動かさないと指がつりますよ(実体験)
くれぐれもお気を付け下さい


それでは本日はこの辺で!
スタッフその1でした

PageTop

ゲムマ2015秋まであと9日~「スライド10」~

こんにちは!遊学芸のスタッフその1です
昨日に引き続き、ゲームマーケット2015秋に向けたカウントダウンブログです

今回紹介するのは、「スライド10」
タイトル
の前に・・・。

お問い合わせいただいた件についてのお知らせです。
毎回"遊学芸"では「予約販売」を行っておりましたが、
ゲームマーケット2015秋では予約の受付を行っておりません
間に合わなかった新作(タイトルは近日公開)の作成をぎりぎりまで行い、(ベータ版が間に合わずとも)試遊できる状態まで持っていくためです。
大変申し訳ありませんが、当日"C25"にてスタッフまでお声掛けください。

「異世界×スローライフ?!」は間に合いませんでしたが、昨日お知らせした「マモノと♪SRS」、今後情報を公開します「領域認識Tシャツゲーム」は間に合う見込みです。
・・・新作鋭意作成中の"遊学芸"へ、ご支援のほどよろしくお願いいたします。


では、改めて「スライド10」の紹介です
ゲームマーケット2014春で初お目見えした本作ですが、未だ根強い人気を誇っています。
ひもの中にコマを置き・・・
IMG_0285.jpg
「合わせて10」になるコマを選んで指を置き、ひもまで滑らせて(=スライド)自分の得点に
1人1回ずつチャレンジを行っていき、コマがなくなったときに一番得点が多かった人が勝利です。
スライド10 例
たとえば白い丸で囲んだコマが、序盤で得点にしやすいコマ。
ただし、その横に見える「爆弾コマ」に触れて動かしてしまうとその時点でアウト!
無得点のまま、次の人と交代です

マジメな開発コンセプト教育に生きた実例もあるのですが、そんなの置いておいてもとにかくこのゲームは楽しい
スライド10遊ぶ
こんな感じでとにかく盛り上がります。
トランプと同程度のサイズなので、携帯性も抜群
短時間で遊べるので、飲み会などでもおススメです!

年齢を問わず盛り上がる「スライド10」、手軽に試遊も可能ですので、ぜひゲームマーケット2015秋では"C25"へお越しください
(遠方の方は、ドロッセルマイヤーズ様でインターネット通販も行っています)

ではでは、スタッフその1でした

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。