遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋のゲームマーケット



ゲームマーケットでは、多くの方がお越しいただきありがとうございました。遊学芸です。

おかげさまで、今回持参したゲーム(アップルパイはだれのもの?、クニガタリ、クッキーローラー)は全て完売いたしました。クッキーローラーに関しては、スタッフその1さんに任せていたのと、出来上がるのがギリギリだったため事前に告知することはできませんでした。ご了承ください。

クニガタリは箱などが手作りのため、少部数しか作れなかったこともあって30分で売り切れてしまいました。その後も何人かクニガタリがないか見に来てくださった方がいたことから、今後も出して行きたいと考えています。

アップルパイはだれのもの?に関しては、これでは物足りない、もったいないという意見をいただいたことから、選択ルールを追加したいと考えています。
追加予定のルールは今のところ以下のふたつです。
「家族会議ルール」
1サイクルの始めに皆でアップルパイが1ホール以上になるよう話し合い、全員が出すパイの数を宣言してカードを伏せる(この時、嘘を言ってもよい)。全員が伏せ終わり、誰かが嘘を言っていると思ったら、その参加者の家族カードを指差して、「嘘つき」と言う。「嘘つき」呼ばわりされた参加者は出したカードを表にする。嘘をついていたなら、次のサイクルではカードを伏せる時、表にして出すこと。もし嘘をついていなかったなら、「嘘つき」と言った参加者が次のサイクルにカードを伏せる時、表にして出さなくてはいけない。
「冷蔵庫ルール」
だれの得点にもならなかったアップルパイは場にそのまま置かれ、捨て札にしない。次のサイクルでは、参加者の出すカードに加えて、場にあるアップルパイの切れ数を足し合わせる。
特殊カードは、作りすぎとつまみ食い以外は捨て札にする。

「冷蔵庫ルール」に関しては、スタッフMさんが考案してくれたものを元に作成しています。きちんとルール化できれば、pngやpdfでダウンロードできるようにしたいと考えています。

クッキーローラーに関しては、スタッフその1さんの気が向いたらブログに書くかと思います。

今後の遊学芸の動向としましては、スライド10の量産化とTRPGの作成を進めて行きたいと考えています。TRPGは以前にも書きましたが、F.E.A.R.様がネットにて配布中のSRSのシステムを使わせていただいています。今後このゲームを発信できればと考えています。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。