遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

明日、7/29にボードゲーム体験会!

7/29はイエローサブマリン秋葉原RPGショップ様にてボードゲーム体験会があります。
NHKでも放送された『ハコオンナ』や真面目クズな『行けたら行くよ!』など様々なデザイナーの方のボードゲームがある中に、遊学芸も『サモンスケート』を持参して参加します。
内容物

時間帯は12時~18時で、予約なしで参加できます。詳しくは↓コチラ。
https://twitter.com/YS_RPGSHOP/status/889379132508786688

前日23時に宣伝とかなにしてるんだよと言われる気もしますが、私もなんでこんな時間にブログで宣伝しているんだろうと疑問に思います。

いや、最近まで不思議な報道されていた加計学園が気になって追ってしまっていて…
おかげでいろいろと疑問は解消されましたが、取ってた新聞がちょうどフェイクニュースを取り上げてて吹き出しました。

スポンサーサイト

PageTop

『サモンスケート』がどどんとふ対応!PC作成ルール追加!

遊学芸の保田です。


サモンスケートがどどんとふ対応!


サモスケこかげ 
現在は、こかげサーバー様のみにてご対応いただいております。
弓路さんに感謝!

これでサモンスケートとパソコンを持っていれば遠くの人とも遊べるようになりました。
色々と試行錯誤した所、カードは5×3、マップは40×60マスとなっています。
簡易マップで破壊マスと亀裂を表し、トレース線はCtrlキーを押しながら描くことで小容量で召喚図形を描けます。
フリーハンドで書くと線の容量をすごい速度で増やしてしまいますのでおすすめしません。

かなりでかいので、どどんとふ内の倍率を下げて遊んでください。
サモンスケートの公式および、共有ダウンロードページから、どどんとふで遊べる状態のサモンスケートのセーブデータが用意されております。

キャプチャ 



キャラクター作成ルールも追加!印刷できるよ!


サモスケPC作成ルール

また、もっとTRPGみたいに遊びたい!という方向けにキャラクター作成ルールも公開しました。
・新規12種類の召喚具を描き下ろし。
・SW2.0の現代版のような経験表を108項目用意する。
などランダムに作成しても個性が出るよう頑張りました。

以前描いた紹介漫画をさらにわかりやすくするなど、ゲームの紹介についても力を入れています。

SUMMONSKATE_Charactar3.jpg 

中身はこんな感じです。
SUMMONSKATE_CharactarS1.jpg

SUMMONSKATE_CharactarS2.jpg

SUMMONSKATE_CharactarS3.jpg


キャラクターシートはこんな感じです。
サモンスケート_キャラクターシート

PageTop

狛江のTRPG講座も三年目!

最近ツイッター(@linelinglink)にばかりつぶやいて、ブログの更新を忘れていた保田です。

サポート狛江様にて、今年もTRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)講座をすることになりました。

TRPGというのをざっくり説明すると、ひとりのGM(司会進行役)と多数のプレイヤー(主役)に分かれてゲームを進めていき、皆で一緒に物語をつくる対話型協力ゲームです。

3年目となった今回は支援者向けだったGM(ゲームマスター)養成講座を、今度は子どもたちを対象に行ってみることになりました。
子どもたちからの、「TRPG面白かった。自分でもGMをやってみたい!」
という要望に応えた形になります。


そして、6月になってTRPG講座をこまえくぼにて行ったのですが、運悪く子どもたちの忙しい期間と当たってしまいました。

せっせと準備して、TRPGをやりたい子どもたちが楽しくGM体験できるようにGMする時のコツについて語ろうと前に出たのは良いのですが…

GMをやってみたいという話だったはずが、当の子どもたちはそこまでGM熱がなく(よく考えれば、当の本人はGMしてみたいと言ってから講座をするまで特にTRPG触れず数か月も経つので仕方がない) これは困ったぞ(笑)

ということでまず子どもたちにTRPGを思い出してもらう&GM熱を高めるために1時間半くらいかけて、TRPGのセッション(ゲームプレイ)を行うことにしました。

セッションをした子どもたちのGM熱は明らかに高まり、シナリオづくりなどがスムーズにいきました。

遊んだ直後こそ、自分もやりたいという想いが一番高まりますね。
こういった気持ちの変化を大切にしなければいけないと反省しました。


次回は、いつものTRPG講座に加えて、子どもがGMを実際に体験するコーナーもすることになります。どうなるか楽しみです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。