遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゲームマーケット終了しました!

遊学芸の保田です。
ゲームマーケット2015秋、無事終了しました!
 今年も色んな方にゲームを体験していただきました。やはり『スライド10』は、なかなかゲムマでは売れない(笑)ながらも、ゲーム時間が短く多くの人に楽しんで遊べるゲームとして体験卓でよく盛り上がります(余談になりますが、GameJamboreeにて、djangoさんの記事の化粧箱の例として『スライド10』が紹介されていました。化粧箱にしたのは、すぐゲームを準備できるようするために選んだので嬉しい!)。

 新作予定の『フロンティアマップ』では、キャラクター作成だけでなくマップ作成やセッションを体験していただきました。体験してくださった方がTRPGを知っている方ばかりなこともあって、作られたキャラクターの設定やマップのイメージを膨らませて、文字通りゲーム体験できたのがよかったです。
 このゲームは、サイコロを振ってマップ作成とキャラクター作成をするだけでなかなか面白い設定ができあがります。例えば、今回薬屋の青年と獣人の少女(ただし300歳ぐらい年上)がキャラクターとして完成し、獣人少女の昔(たぶん300以上前)の仇である人間の生まれ変わりが薬屋の青年だったため付け狙っていたという関係性となりました。南の都市で二人がひと悶着した後に、新しい土地で一緒に開拓生活を始めるという、2話目ぐらいな設定からスタートしました(笑)。

 また、体験卓で『UREG』を遊んでいただいた中で、国際結婚されているであろう夫婦から『UREG』のサインを求めていただくという初経験がありました!サインについてはちょうど開始前に先輩から冗談混じりに考えておけよとは言われていたのですが、全然準備していませんでした(笑)。それもあって高校時代の美術部のサインを咄嗟に使ったのですが、サインペンを持ってくればよかった!と反省し、後日サインペンを買いました(笑)。

 サークルの出展数が400を超える中で、細々ながらも続けられるのは、『遊学芸』のゲームに興味をもっていただき、わざわざ足を止めていただいた方がいらしてくださるからです。そういった方に、今後も面白いゲームをお見せできればなと思っております。お越しいただいた方、見てくださった方、ありがとうございました!
 『遊学芸』のゲームの感想や要望、質問などは受け付けておりますので、もしよければメールフォームなどでご連絡いただければ幸いです。
 
image1.jpg

IMG_1221.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。