遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国語について

naiyou.png
 遊学芸です。『国語(クニガタリ)』が欲しいという声を久々に聞いたので、ちょっと振り返ってみようと思いました。

 『国語』は、自分で国を運営し、歴史をつくることで、歴史という教科について考えるというゲームです。シンプルなものを目指していましたが、試作品の写真を見ればわかるぐらいのコンポーネント量になっていますね(笑)。その時は少ないと思っていたんです…

 遊学芸として(というより自分が本格的なゲームとして)初めて作成したゲームなのですが、今になってルールを見返してみるとちょっと変更したい所があります。

 特に変更したいルールは、作物の凶作イベントカードと戦争ルールです。
 凶作だろうと作物の収穫が減るとその分値上がりするわけで、収穫できなくなっても換金は変わらずともよいのではないか?と考えるわけです。もともと国民は労働人口や余剰人口分として考えていたので、ゲーム的に収穫=食糧0という発想は変わりません。
 戦争ルールの変更しようと思う部分は、戦争結果です。実際に戦争で全滅することはそうそうないため、功績というルールを追加すると良いのかなと思っています。
戦争結果部分を改訂するとしたら、以下のような感じです。

 戦争結果は、無事な集団が多い方の勝ちとします。そのため、出目による結果は以下のようになります。
1:敵軍の功績+1
2:何もなし
3:何もなし
4:自軍の功績+1
5:自軍の功績+1
6:自軍の功績+2

功績分だけ、相手側の集団を半壊・全壊・捕虜にできます。
・功績1で敵軍の1集団を半壊します。※半壊:功績1か、医療費として1集団につき1金を支払わないと、集団を場に戻します。
・功績2で敵軍の1集団を全壊します。※全壊:集団を場に戻します。
・功績3で敵軍の1集団を捕虜にします。※捕虜:敵軍の1集団を自軍のものにします。
功績は、侵略側⇒防衛側の順で行います。

侵略側が戦争に勝った場合、侵略先の土地を奪います。その時、侵略先の土地から防衛に出た集団は別の土地に移ります。

[追加ルール]
講和:サイコロをすべて振るのではなく、それぞれの勢力で1個振ります。その結果を見て、次のサイコロを振る前に講和条件を出すことができます。講和条件に納得したら、そこで戦争は終了します。

もし、再販する時は、こういった所のルールを変更してみたいなぁと思ったので、書きのこしました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。