遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スライド10が2つの雑誌で紹介されました。

遊学芸の作成した『スライド10』は、遊学芸のゲームマーケット試遊卓の常連として行っており、今までも、ブログやネットラジオでも取り上げてもらっていましたが、今回は、なんと2つの雑誌に紹介され、坂本篠樹(じょうじゅ)先生に研究までしてもらうという快挙を成し遂げました!

まず、GAME JAMBOREE(2015年秋号)!!!
zashi03.jpg

zashi04.jpg

…わかりますか?なんと、ボードゲームの化粧箱として、カードサイズの小箱を使った例で紹介されました!!(笑)
 まさか、こんな紹介のされ方をされるとは思ってもなく、見つけた時は本当にびっくりしました。
 「紐」と「駒」という省スペースを意識した造り、それに見合った箱選びがこんなことに結び付いて嬉しい限りです。

次に、学研の月刊、実践障害児教育(2015年9月号)!!!zashi02.jpg
zashi01.jpg

なんと、この『スライド10』を坂本篠樹先生が学習ゲームとして紹介していただきました!
作者も意図していた算数指導として10の合成分解について活用できることを述べていただいてるだけでなく、
ヒトの注意機能を鍛える効果が期待されるそうです!(作者もビックリ!)
また、九九を覚えるスライドクックルールを考案してくださり、そのルールも掲載されています。
スライドクックルールについては、多人数でも遊べるよう手を加えさせていただき、後日ネットで無料公開します。
カードを使うので、自宅のプリンターで印刷できるようカード単体配布および、A4の名刺シートに印刷できるよう10枚組したものを公開します。

スライド10』は、元々「まとまり」を意識してもらうために楽しく遊べるよう作ったゲームです。
「遊び」と「学び」の両雑誌の両方に掲載されたこのゲームは、「遊び」と「学び」をひとつにしたゲームづくりを目指す遊学芸を体現した一作となります。…「遊び」の雑誌では箱の紹介しかされてないって?…選ばれたということに意味があります。きっと。

両雑誌からは、快く掲載の許可をいただいております。
また、スライドクックを考案し、ネットでの無料公開を了承してくださった坂本條樹先生に、この場を借りて深くお礼を申し上げます。
スライドクックタイトル1

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。