遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サモンスケート記事1:ゲームの流れ

ゲムマカタログカラー2 

サモンスケートについて
「事件の本質を見抜く推理ゲーム」×「スケーティング召喚バトル」の2つのステージに分けて遊ぶ協力型ボードゲームです。

独特の世界観とゲームシステムが密接になっているため、ゲームシステムの説明がだいたい世界観の紹介になってしまいます。
サモンスケート 

これが大まかなゲームの流れです。演技しなくても物語を楽しめるつくりになっています。


ゲームの進行としては、以下のようになります。

●キャラクターに名前を付け、物語を始める「開幕パート」

●前半は混沌による事件が発生し、その事件を解決して事件の本質の情報を得ていく「調査パート」
サモスケMAP

●混沌の本質を見極め、定義づけすることで混沌を実体化させる「展開パート」

●後半は盤上をスケーティングして描いた線を使って召喚し、混沌を倒す「戦闘パート」
サモスケ戦闘

●物語の終わりを語る「閉幕パート」

来週は、召喚するフィギュア(図形・形)について紹介します!
次へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。