遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

狛江のTRPG講座も三年目!

最近ツイッター(@linelinglink)にばかりつぶやいて、ブログの更新を忘れていた保田です。

サポート狛江様にて、今年もTRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)講座をすることになりました。

TRPGというのをざっくり説明すると、ひとりのGM(司会進行役)と多数のプレイヤー(主役)に分かれてゲームを進めていき、皆で一緒に物語をつくる対話型協力ゲームです。

3年目となった今回は支援者向けだったGM(ゲームマスター)養成講座を、今度は子どもたちを対象に行ってみることになりました。
子どもたちからの、「TRPG面白かった。自分でもGMをやってみたい!」
という要望に応えた形になります。


そして、6月になってTRPG講座をこまえくぼにて行ったのですが、運悪く子どもたちの忙しい期間と当たってしまいました。

せっせと準備して、TRPGをやりたい子どもたちが楽しくGM体験できるようにGMする時のコツについて語ろうと前に出たのは良いのですが…

GMをやってみたいという話だったはずが、当の子どもたちはそこまでGM熱がなく(よく考えれば、当の本人はGMしてみたいと言ってから講座をするまで特にTRPG触れず数か月も経つので仕方がない) これは困ったぞ(笑)

ということでまず子どもたちにTRPGを思い出してもらう&GM熱を高めるために1時間半くらいかけて、TRPGのセッション(ゲームプレイ)を行うことにしました。

セッションをした子どもたちのGM熱は明らかに高まり、シナリオづくりなどがスムーズにいきました。

遊んだ直後こそ、自分もやりたいという想いが一番高まりますね。
こういった気持ちの変化を大切にしなければいけないと反省しました。


次回は、いつものTRPG講座に加えて、子どもがGMを実際に体験するコーナーもすることになります。どうなるか楽しみです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。