遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

TRPGフェスティバルに参加してきました!

TRPGフェスティバル(旧JGC)に参加してきました!

2泊3日の宿泊型ゲーム会です!内容は、TRPGとLARP(コスプレのあるリアル体験型のRPG)、ボードゲーム有りの日本一濃いかもしれないゲームコンベンションでした(笑)

行きはF.E.A.R.のバスツアーに参加し、景品としてN◎VAトランプをいただきました。面白い話が聞けて良かったです。

熱海そして、温泉!そんな中で、宿泊中は一回も外へ出ずにTRPGを堪能していました!

JGCと比べて大きく変わった点は、LARPが本格的なイベントとして取り上げられていたことです。
開会式や閉会式でLARPイベントが行われていました。
役者さんの演技もあって、すごかったですね。

20170905170227326.jpg

物販会の様子も、LARPが本格的に組み込まれたなと感じました。剣とか斧(もちろんおもちゃ)とか売っているイベント会場というのもそうそうないのではないかと。

書泉さんやコノスさんでは、遊学芸のゲームを数部取り扱っていただいておりました。ありがとうございます!
脱出ゲーム『UREG』や図形召喚ゲーム『サモンスケート』はフリー卓で何度か回しまして、購入しました!というお話もいただいたので、少しでも依託店舗に貢献できていたら幸いです。

20170905170230a51.jpg

短時間で遊べる「ふらっとTRPG」コーナーに参加しました!
『のびのびTRPGホラー』を遊んだのですが、『のびのびTRPG』よりも遊びやすく進化していました!
イントロダクションのおかげで、どんな状態でスタートして、どんな雰囲気なのかがより分かりやすくなっていました。すごい!

基本GMは読み上げるだけでよい、シーンによって判定ORロールプレイという簡素なルールはそのままなので、“探偵”のロールプレイ判定の特殊能力が実際に使える頻度は体感的に気になりました(ロールプレイ判定の頻度がどれだけかは分かりませんが、だいたい2ゲームやってロールプレイ判定は1シーンだけだったので)。
これは実際に買ってみて、シーンカードのロールプレイと判定の割合を見てみないことにはなんとも言えませんが(シーンカードは大量にあったので偏っていてもおかしくはないですし)、特殊能力は1ゲームに最低1回は使いたいですね。

20170905170228376.jpg

当日客がいないこともあって、フリープレイコーナーのフリー卓は不成立が多かったそうです。
そんな状態と知らずに自分はオリジナルTRPGの『UREG』『サモンスケート』を立ててました。

知名度もない中でオリジナルTRPGという自然と遊びに来てくれるであろう要素が薄かったため、色々アピールしてました。

・30~3時間の短時間プレイ!
・1人からでも遊べる!
・時間を抽選券に被らせない!
・イラストを添えて目立たせる!
・開始直前になったら恥ずかしくてもアピール!

そのおかげか3日間で7回ぐらい卓を立てましたが、全部成立しました。
とはいえ、遊んでいただいた方は基本的に1~2名で時々3名という感じでした。
張り出し期間が短いと大人数は集まらなさそうです。

※1回フリー卓の予約している間、次のフリー卓の予約はしてはいけないそうです。注意が必要ですね。

朝夕のバイキングはおいしく、ローマ風呂は広かったです。
ホテルの方、スタッフの方、ゲストの方、一緒に遊んでくれた皆さん、ありがとうございました!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する