遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋のゲームマーケットに向けて新作鋭意作成中

UREG
11月は、秋のゲームマーケットですね。
 遊学芸です。『スライド10』の次の作品として、非リアル脱出ゲームUREG(一応、アレグということで)をつくっています。
 カタログの原稿締切が今日のため、半ば強引にイラストを描きました(笑)。
 このゲームは、リアル脱出ゲームをテーブル上の話し合いでやろうというものです。TRPGと『キャット&チョコレート』を混ぜたようなものというと近いでしょうか。
 このゲームは人狼のようにGM(ゲームマスター)がいて、場を取り仕切ります。運営・進行役ですね。
プレイヤーは、とにかく脱出を目標に行動していく挑戦者となります。
 GMは、あらかじめ用意された地図を基に、プレイヤーに状況を説明します。それを聞いて、プレイヤーはどんどんGMに質問して、行動します。
 このゲームの特徴として、GMはプレイヤーが脱出できるように運営・進行することが目標となっていることです。GMは運営・進行能力が試されるわけです。

 ゲームというと対戦型のルールが多いですが、協力型のルールもあります。それを実装しようとしているのが、このゲームというわけです。

 また、GMは自分が運営・進行する地図を自作することもできるようにする予定です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。