遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

コミュニケーションとゲーム研究会スタートしました。

コミュゲ研
遊学芸の保田です。

 コミュニケーションとゲーム研究会という、発達障害のある子どもや青年とTRPGなどのテーブルゲームで遊んで支援することを始めました。
 リンク先→ コミュニケーションとゲーム研究会

 最近だと、JDD(日本発達障害ネットワーク)で、12/7にTRPG体験講座を行ないました。
 リンク先→ 日本発達障害ネットワーク ワークショップ
 その時に、『いただきダンジョン』というオリジナルのダンジョン物のファンタジー冒険TRPGで遊びました。定員も見学者も満員で、知人にGMを頼んだのですが、どの卓も大盛況でした。
 『いただきダンジョン』の特徴として、既存のTRPGにあるようなルールはそのままに、文字を大きく、文章を短くして、ページごとに情報が入るようまとめることで視認性をよくしています。依頼を受けて冒険するという道筋を固定化することで、GM負担を減らしています。また、ダンジョンの書き方を定義づけ、探索フェイズと戦闘フェイズの二つに分ける事で遊びやすくしました。今後は、いただきダンジョンの情報も遊学芸から出していこうと思います。
今後ともよろしくお願いします。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する