遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

ゲムマ2015秋まであと8日~「UREG」~

こんにちは!遊学芸のスタッフその1です
本日のカウントダウンブログ、ご紹介するのは・・・
大人気、会話協力型脱出ゲームUREG」です
こちらから基本ルールはご覧いただけます

閉鎖空間から脱出することを楽しむ「脱出ゲーム」。
それを現実で行うのが「リアル脱出ゲーム」ですが、
「UREG」はその先を行く、「非リアル脱出ゲーム」です。

――あなたが目覚めると、そこは閉ざされた部屋。
ここはどこ? 私は、だれ?あなたにわかることは、一つだけ。
絶対に、ここから脱出しなければならない・・・。


UREGイラスト
といった雰囲気のゲームです

参加者のうち1人はゲームマスターとなり、閉ざされた部屋のマップを見ながら進行役として動きます。
そのほかの参加者はプレイヤーとなり、キャラクターを操って脱出を目指します。
このとき、マップを見られるのはゲームマスターだけ
プレイヤーはゲームマスターから得られた情報で状況を判断し、行動を宣言します。
ゲームマスターはそれを受け、その行動によって変わった状況を描写します・・・。

と、かなりTRPGに近いゲームです。

ただし、キャラクターは事前にカードが用意されているためキャラクター作成は不要です。
ルールも絞り込まれているので、10分程度から遊ぶことができます
TRPG初心者時間のないTRPGプレイヤーにもお勧めです。

また、「ゲームマスター力を鍛えるためにも遊んでいます!」という感想もいただきます。
進行役のゲームマスターがマップを見て状況を伝えるため、ここで正しい情報伝達ができないと脱出できないということに・・・
描写力・表現力を鍛えるのにも役立つゲームです

そのほか、会話だけでプレーする特徴を生かしたオンライン(スカイプ・LINEなど)でのプレイング、キャラクターをオリジナルのものに置き換えてのキャンペーンなどなど、さまざまな遊び方の情報が寄せられています。
こんな遊び方もあるよという情報がありましたら、ぜひコメント欄やツイッターの方で教えてください


それでは、今日はこの辺で
スタッフその1でした

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する