遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゲムマ2015秋まであと6日~「人門」~

こんにちは!遊学芸のスタッフその1です
今週末はいよいよゲームマーケット2015秋
みなさん、様々なゲームとの出会いを楽しみに、今週一週間を頑張りましょう

今回は公式にて、「クトゥルフ神話ライブRPG」が行われますね。
TRPGもいいですが、実際に動きまわるライブRPGは臨場感がすごいですよね
しかも題材がクトゥルフ神話!
ゲムマでクトゥルフの復活を阻止せよ」なんて、パンフレットの煽り文も燃えますね~

さて、クトゥルフはルルイエで眠っているわけですが、当サークルにも「クトゥルフ神話」を題材としたゲームがあります。
その名も・・・
zinrou.jpg

ある村には、封じ込められた邪神がいるという。
それを復活させようとする、狂信者たち。
平和を守ろうと願う、住民たち。
邪神に惹きつけられて止まぬ、探索者たち。
千の貌を持つ、化身
そして、彼らのすべての努力を嗤う、黒い―――


「人門」

―――
ここで取り扱う邪神は、人間の次元と他の外なる神の次元をつなぐ門の役割を果たす、ニャルラトホテプ
這い寄る混沌」とも「無貌の神」とも呼ばれるあの神性です。
ゲームシステムはかの有名な「人狼」がベース。しかし、ただの焼き直しではありません。

プレイヤーは伏せられた役割カードを持っています。
また、参加者のうち1名がゲームマスター(GM)の役割を果たします。
役割カードは、
・住民
・探索者
・狂信者
・化身

の4種類。

狂信者がいわゆる「人狼」の役を果たすのですが、彼らは夜の間に殺す相手を直接決められるわけではありません
あくまでも、彼らが信じる神=GMにお願いするだけです。
狂信者を発見し、追放しようとする住民
敵を見つけるのに役立つ(ただしそれゆえに狙われる)、特殊な力を持つ探索者
追放された瞬間に正体を現す、化身
場に混沌をもたらし、矛盾した世界を作り上げようとする神・・・GM
これら5つの役割が、それぞれの勝利条件を目指します。

何といっても珍しいのが、GMに勝利条件があるところ。
ただの司会者役では終わらないため、GMも最大限にゲームを楽しめます。
また、追放されたり殺されたりしてもそれで終わりではなく、別の役割で再登場することができます。
その際役に立つのが、人物カード
zinrou2.jpg
プレイヤーはそれぞれ1枚の人物カードをオープンの状態で持っています。
再登場の際はこの人物カードも引きなおすため、全くの別人としてゲームに再び参加できるのです

なんといっても面白いのは、人物カードと役割カードは関連性がないというところ。
見るからに怪しい右上の女性がただの住民だったり、
おたまを持った左下のおばちゃんが化身だったり・・・
また、人物カードからイメージするキャラクターとして会話すればいいので、何を話すべきかがわかりやすいというのもメリットです。
人狼では、最初に吊る人物を選びづらい・・・という悩みがあった私も、「人門」ならさくさくと決められました。
だって、「あいつは顔が怪しい」とか言えるから
また、追放されても再登場できるので、選ばれてしまった人がそこで終わりにならないのもいいところです。

そんな人狼×クトゥルフ神話カードゲーム「人門」、今回のゲムマ2015秋では、ゲームマーケット特価1000円で再販します
気になる方はぜひ当日"C25"へおいでください。
各種カードの現物もご覧いただけます
遠方の方は、ドロッセルマイヤーズ様で通販も行っていただいています。

それでは、今日はこの辺で
スタッフその1でした

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。