遊学芸

「人を育てるゲーム」を目指してテーブルゲームを作成しています。コミュニケーションとゲーム研究会始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

GM1人が40人相手に50分でTRPGしました。東京学芸大学にて。

遊学芸の保田です。
東大の学習ゲーム開発のTAが終わった次の日に、東京学芸大学にて、GM1人で40人相手に50分でTRPGするという無茶ぶりをしてきました。

gakugei071.jpg

『いただきダンジョン』共著者の加藤浩平氏と、『サンプロ』の東京学芸大学の藤野博教授が登壇される公開講座
テーブルトーク・ロールプレイングゲーム(TRPG)による発達障害児のコミュニケーション支援にて、
「1時間足らずで受講者がTRPGを体験できるゲーム」という話をいただき、開発したのが『みんなでダンジョン』です。

『みんなでダンジョン』は、多人数でダンジョンに潜って攻略するというTRPGです。
対象年齢は小学5年生以上、プレイヤー人数は3~45人となります。
今回、キャラクター作成13分、セッション30分、振り返り7分かかりました。
授業に使いやすいよう、理想としてはすべて合わせて45分でまとめたかったのですが、難しいものです。
GMとプレイヤーの掛け合いを1場面のみに留め、プレイヤー参加を3段階に分けることでTRPGの触り部分を体験できるようにしました。
プレイヤー参加は低い順に、「判定の参加(挙手)」「多数決の参加(挙手)」「アイデアの発言」となっており、多人数で実施することを考え、他のTRPGと比べても参加する敷居は低くなっています。
ルールの詳細は後日紹介する予定です。

追記には、セッションの様子について記します。

続きを読む

PageTop

『科学と社会をつなぐゲームデザイン』の講評会がありました!

東大ゲーム開発001

遊学芸の保田です。
先週、東京大学駒場キャンパスで行われた『科学と社会をつなぐゲームデザイン』に学習ゲーム開発のアドバイザーとして、2日目から参加しました。

東大ゲーム開発004

学生がゲーム制作にかけられる時間は10時間程度でした。
その中で学生たちが作ったゲームのクオリティは十分に高いものです。
講評会では、社長や大学教授、他大学の学生の方々がいらっしゃり、講評が行われました。
学生たちのつくるゲームのクオリティの高さが評価されつつも、学習コンセプトを学ぶことに適したゲームルールの検討や、%や割り算を使う複雑な計算方式、大量のイベントカードの必要性などが問われました。

私自身の補助力不足も否めませんが、学生たちが多くのゲームルールを知ってから取り組めるような仕組みが必要だと感じています。
コンセプトが決まっても、考えているルールが曖昧な状態では、学習コンセプトに適したゲームルールへとアドバイスするのは難しく、結果、学生の考える学習コンセプトに当てはめたゲームルールが固まってからのアドバイスとなってしまいました。

次回、また教育ゲーム開発の補助者をするのであれば、そういった反省点を生かしたアドバイスをしたいと考えています。

東大ゲーム開発01a東大ゲーム開発02a東大ゲーム開発03a東大ゲーム開発04a東大ゲーム開発05a東大ゲーム開発06a
東大ゲーム開発01b東大ゲーム開発02b東大ゲーム開発03b東大ゲーム開発04b東大ゲーム開発05b東大ゲーム開発06b

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。